育休パパの育児日記

ようやく大団円!加計問題 (集中審議まとめ)

   

7/10の答弁でほぼ全容が分かりきっていた加計問題ですが、本日の参議院 予算委員会集中審議にてさらに事実の全貌が白日の下に晒されました。

過去記事:7/12「 メディアは加計問題の本質を報道しない」

 

しかしながら、日本国民の多数がメディア(テレビと新聞)に踊らされ、

内閣支持率を下げる自体になっており、なんとも悲しい状態なので、微力ながら本ブログでも事実を少しまとめておきます。

既に様々なブログや動画でまとめられていますが、少しでも多くの人に見て欲しいと思います。

 

争点となっていた「加計ありき」は前川氏の思い込みであることが確定

今回の集中審議では、和泉洋人補佐官が出てきました。

和泉補佐官と前川氏のやりとりで明らかになったのは、「加計ありき」は前川氏の思い込みだったということです。

 

和泉補佐官「獣医学部の設置にスピード感をもってやれ。これは総理の意向だ」

前川氏「和泉補佐官の言っているのは、加計学園のことだと思った。京都産業大の計画は現実的ではなく、加計以外は現実的ではないのは分かってた」

 

これで「加計ありき」というバズワードは、前川の忖度だったことが明らかになりました。もう説明はこれで十分ですね。あとは文科省の前川氏と牧野課長補佐が安倍を陥れるためにジタバタしただけです。

 

小野寺議員、青山議員は国益を守ってくれた素晴らしい国会議員です。

民進党・共産党、マスコミはもう解体して下さい。

 

関係者全員が証言する 一点の曇もない決定プロセス

今回、ステークホルダー全員が、加計学園決定のプロセスに問題がなかったと証言しています。

自民党・安倍総理と利害関係がない、第三者である八田座長もです。

 

加戸守行前愛媛県知事            「プロセスに不正・問題はなかった」
国家戦略特区ワーキンググループ委員 原英史 「プロセスに不正・問題はなかった」
国家戦略特区ワーキンググループ座長 八田達夫「プロセスに不正・問題はなかった」
和泉洋人補佐官               「プロセスに不正・問題はなかった」
京都産業大学 黒坂光副学長         「プロセスに不正・問題はなかった」
山田啓二京都県知事             「プロセスに不正・問題はなかった」

前川喜平前文部科学事務次官         「総理の意向が~」
民進党議員                 「モゴモゴ」

 

これだけの関係者が証言しています。もうプロセスを疑うことはできません。

そもそも不当に不利益を被った人がおらず、国益になるのですから何が問題なのでしょうか

困ったのは既得権益の文科省と獣医学部、その手先の民進党だけでしょ?

 

もはや加計問題は宇宙人問題になっている

加計問題はもはや宇宙人問題です。

 

民進党「宇宙人はいるんだろ!!」

自民党「宇宙人はいない!」

民進党「そんなことはない。証拠を出せ!」

自民党「宇宙人はいない!しかし、宇宙人がいない証拠はない」

民進党「じゃあ、宇宙人はいるじゃないか」

 

このレベルの話ですよ。

否定の証明は難しい。いわゆる悪魔の証明というやつです。

すべてに疑惑のレッテルを貼り付けて言いがかりをつければ、なんとでもこれは捏造できます。

 

あとがない民進党

既に7/10の答弁で加計問題は公として事実上解決しています。

しかしながら、野党は着地点が見えなくなっているので、重箱の隅を突くような質疑しかできなくなっています

民進党はどうしようもありません。あとは何を突っ込めばいいのでしょうかね。

 

そこで野党が持ち出したのが以下の2つです。

 

民進党「加計理事長とゴルフや会食を何回もしたから加計学園が手を上げていたことを知ってたでしょ?」

 ↑ 推測、しかも邪推でしかない。さらに証拠もない言いがかり。

 

安倍が1月20日より前に加計学園が挙がって事実を知ってたor知らないとか、どうでもいい議論です。私からすれば、知ってたとして何?って話です。その後のプロセスに問題がなければいいのです。

 

次に、ちょっと頼りない山本地方創生大臣を攻めたりと、議論する価値もないことしか言えません。

民進党「山本地方創生大臣が獣医師会で加計学園で行くと伝えた 」

↑ また議事録捏造?のレベル

 

民進党「加計を優遇した期限設定だし、加計と繋がっている今治が事前に官邸と接触していた」

スピード感をもってやる国家戦略特区なので期限をもうけることは必然です。それに加計しかキャッチアップできないなら、もうそこで議論は終わりです。

「加計が京都や新潟を出し抜いて、認定準備のフライングスタートをしていた。不公平だ!」と言いたいんでしょうが、元々加計は10年もかけて計画の練度を上げているのだから、そもそも論としてスタート地点が他県と全く違います。期限が多少ずれたとしても、加計を選ぶのは自然でしょう。

 

残る手段は、玉木雄一郎を始め民進党は、バカの1つ覚えのように石破4条件を出すしか策はないでしょう。

玉木「ぐぬぬ、悔しいけど加計学園の決定プロセスは問題ない。だけど、加計学園は閣議決定である石破4条件を満たさない。だから無効だー!」

と叫ぶくらいです。

 

今まで閣議決定は散々破棄されてきました。自ら破ってきた民進党は何を言っているのでしょうか。

もちろん、閣議決定の破棄は避けたい事実ですが、そもそも破棄されること自体は違法ではありません。

国益になることであれば必要に応じて覆せばよいのです。

 

そもそも石破4条件は獣医師会と石破が結託してつくった規制です。

この4条件を重要視する必要性はどこにもありませんし、この条件を鵜呑みにすると何も進みません。

 

参考:日本獣医師会 平成27年度 第4回理事会議事録

※リンク先の資料で「石破」で検索してくると出ます。

なんで獣医師会はこの議事録を残しているんでしょうかね。。。

 

支持率捏造と偏向報道のメディア

安倍内閣の支持率が26%にまで急落しているとの報道がなされています。

国民はこれが意味のない数字というのが分かっているのでしょうか。

これを堂々と報道するメディアも私は許せません。

 

この支持率調査はRDS法という、

ランダムな電話番号で固定電話に電話を掛け、インタビューをする手法です。

しかしながら、固定電話を契約している年代に大きな偏りがあります。

tell_contract

総務省 通信利用動向調査

 

もはやRDS(ランダム・デジット・サンプリング)の「ランダム」は担保されていません。

若者はスマホの普及により固定電話を契約しないので、必然的に調査対象は日中に固定電話の前にいる老人だけです。

 

咥えて、老人はネットに疎く、新聞とテレビというマスメディアに踊らされ続けている情報弱者世代です。言い換えると、マスコミの偏向報道であたかも安倍内閣に非があるかのような印象を受けやすい層ともいえます。

従って、見た目の支持率が下がるのは当たり前です。

しかも傑作なことに、この支持率調査はやっぱり左巻きの毎日新聞です(笑

 

まぁ、与党もそれを分かっていますが、老人も一応の有権者であるため、「その支持率は嘘だ!」とは公式に言えないのです。

ゲスい民進党もそれを分かった上で、

蓮舫「支持率が下がったのは何が原因だと思いますか?」

とクズみたいな質疑をして安倍を攻め立てています。

 

一方で、ネット上で世論調査をした結果、どのような結果になっているかというと、支持率は50%を超えます。

参考1:twitter ネット保守連合 世論調査 支持率60%

参考2:【ニコニコ動画の世論調査】安倍内閣支持率51.7% 自民党42.9% 民進党1.3%←ぷ

 

老人は新聞とテレビというマスメディアからしか情報を得るしかありませんが、現代人はネットを使って、(玉石混交ではあるが)自分で中立な情報を取捨選択できま

ニコニコ動画とtwitterという一部の人間に偏重した調査母集団ではありますが、調査母数10万を超えます。毎日新聞の1000人とどちらが有効なデータか火を見るよりも明らかです。

少なくとも26%という数字にはなりえません。

 

以前の記事にも書きましたが、

国民の情報リテラシーの弱さは国力を弱めます。

私も含め、メディアにはだまされないようにしたいものです。

 

メディアが報道しない確認すべき集中審議の動画

youtubeに上がっているのは下品なコメントが付いているのしかありませんが、この2つの動画は確認しておくべきです。きっと、メディアは明日のニュースでもこれを報道しないでしょう。

またnetgeekあたりが、報道したメディア・報道してないメディアをまとめてくれるはずです(笑

楽しみです。

 

・小野寺五典議員の質疑 7/24

・青山繁晴議員の質疑 7/25

 

おまけ:これもハメられた感がある稲田大臣の日報問題

答弁の最後で青山氏が稲田防衛大臣を助ける形で質問を出していた日報問題。

この報道もメディアと野党+陸幕幹部の嫌がらせですよね。

※毎度の野党やメディアの稲田防衛大臣叩きには辟易としますが、稲田防衛大臣も不用意かなと思います。

噂では前田忠男防衛部長が黒幕との話もありますが、個人はどうでもいいです。

 

このニュースも加計と同様に能動的に情報を取りに行かないと、

ボケっとテレビを見てるだけでは分かりません。

【日報問題まとめ】
・2016年
12/16: 防衛省が稲田大臣へ日報の文書を破棄したと報告
同日.: 稲田大臣が「再調査しろ」と指示
12/26: 防衛相の統合幕僚部に日報が「データ」状態で保管発覚
・2017年
02/07: 日報データを公開
( → 陸自側で同データを確認も「同一内容」だから公開する必要無し )
02/15: 「稲田大臣が日報の隠蔽を了承していた!」・・・と共同通信がイチャモン捏造報道
まとめの画像

 

個人のブログや2chを漁る限り、おそらくこの流れが正しいと思いますが、まだ確信できません。

ジャーナリストの開示請求を受け、日報がなかったから稲田防衛大臣が再調査を命じ、

発見されたから開示しただけの問題と考えます。

動画中にて青山議員が述べていますが、何が問題なのか分かりません。

 

自ら日報の隠蔽を命じて、自ら再調査をさせて公表させますかね?

 

なんですかねそのマッチポンプは。そんな不自然なことしないと思います。

仮にしたとしても、勉強不足の私にはその裏に隠れる意図が分かりません。

 

元々民主党政権では日報を全破棄していたようですから、 ←ココ笑うとこ

日報に不都合なことが書かれており、もし稲田防衛大臣が隠蔽させたのなら、そのままにしておけば野党の叩きにも耐えられたでしょう。

 

隠蔽を良しとしなかったのは稲田防衛大臣の政治家としての矜持でしょう?

私にはまだこの問題の本質が見えてきません。

 

 

※以前、この加計問題のことを書いた記事をアップしたところ、
アクセス数は多いのになぜかブログ村の「注目記事ランキング」から外されてました。
確かに子育てとは関係ありませんが、ブログ村の管理人さん今度は見逃して下さい!

 - ニュース・情報

にほんブログ村 子育てブログ 2017年早生まれの子へ
励みになります。
少しでもお役に立てたのなら応援のポチをお願い致します