育休パパの育児日記

童話館の「ぶっくくらぶ」サービス

      2017/06/28

我が家も絵本の読み聞かせに着手することにしました。

生後4ヶ月も過ぎて、5ヶ月が経とうとしています。

早い家庭はそろそろ絵本の読み聞かせを始めている時期かと思います。

 

 

最初は近所の交流センターに小さな図書館があるので、そこで借りていましたが、これが結構面倒です。

数をこなしていくと借りに行くのも、返しにいくのもおっくうになってしまいました。

しかも、数が膨大で、どれが乳児にとっていい絵本なのか選ぶのもストレスです。

そこで、色々調べていると小児科の病院に童話館の「ぶっくくらぶ」というサービスを知りました。

 

 

プロが年齢に合った絵本を選んでくれるサービス

童話館というのは長崎にある絵本を商材とした企業で、絵本のプロが年齢に合った本を毎月に2冊選んで送ってくれるサービスを提供しています。

費用は定額ではなく、絵本の値段の実費になります。平均で月に2500円前後になります。

童話館ホームページ

 

どうせ絵本を買うのであれば、選ぶ作業はプロにまかせた方がよく、結局いい本はレンタルではなく「所有」して繰り返し子供に読んであげるのが好ましいと判断したので、サービスを利用することにしました。

 

童話館によれば、いい絵本には色々とポイントがあるようです。

  • 1子供が目を引く絵
  • 2洗練された日本語
  • 3すばらしい物語性

この3つが重要だそうです。安易に子供が好むような漫画絵やセリフは好ましくないとしています。

ホームページを読んでいくと童話館の絵本に対する真摯な態度は商売魂を超えた愛を感じました。

 

 

また、童話館は売れ行きが芳しくなく、絶版された絵本の版権を買い取って、自社で出版するという活動も行っています。

これは絵本を愛している企業でなければできませんね。

このような活動ができるのも、いいサービスがあり経営力が備わっている証拠です。

 

 

入会はインターネットと電話で簡単

入会はホームページから行えます。

年齢にあったコースが0歳から15歳まで用意してあり、ポチポチと選んでいきます。

ゆうきは0歳ですが、我が家は1~2歳向けを依頼することにしました。

1歳まであと半年ちょいですし、あまりにも話が単純だと私が退屈して読み聞かせに飽きてしまうのではないかと思ったからです。

 

実は、最初は上記の理由で2~3歳向けを選んだのですが、電話がかかってきて「ご年齢に合ったコースほうが・・・・」とプロの助言を受けてしまい、1~2歳向けになりました。

 

支払いが銀行振替でもクレジットでもいけるようです。アナログな商売なのに、使い勝手がよくて助かります。

 

 

到着は依頼して1週間後

 

依頼して1週間。最初の本が届きました。

 

届いた本は「こんにちは」と「うんちがぽとん」という本です。

もう、ワクワクして早速ゆうきに読み聞かせました。

言語はまだ理解できないでしょうが、絵本の絵に興味津々です。

読んでいる方も嬉しくなります。

私の母もこんな気持ちで絵本をたくさん読んでくれたんでしょうね。

ページをめくるとまた違う絵に反応を示します。早く次の本を読み聞かせたくてうずうずします。

さぁ、今日はうんちがぽとんです(笑 きっと1~2歳向けなのでトイレトレーニングの一環なんでしょう。

うんちがぽとん

絵本の読み聞かせと知能

私が小さいときは母親がよく読み聞かせをしてくれました。絵本に始まり、伝記をよく読んでいました。ロビンソン・クルーソーは本当にワクワクしたのを覚えています。その甲斐もあったのか、小さい頃はクラスでの学力はトップの方でした(田舎の小さな学校ですが)。※残念ながら父に本を読んでもらった記憶はありません(笑

 

よく読み聞かせと知能には相関があると言われますが、私も実感をもってそれは正しいと感じます。大学の同期に天才的な奴がいますが、彼は就学前に宮部みゆきを読んでいたそうです。両親が読書家で家に書庫があり、親が読みかせるのが面倒になって来たので、その書庫の本を与えられたとのことでした。何も5歳から大人と同じ小説を読ませようとは思いませんが、やはり関係があるのでしょう。

 

もう少し調べると、絵本の読み聞かせ冊数・時期・頻度とIQや賃金といった指数との関連を調べた調査とかあるかもしれません。きっとあるでしょう。分かりきっていることなので調べませんが。

 

従って、ここでコストをケチるのはしないようにしなければなりません。この子の知能、学力が自分自身を助けることになるのですから、この投資はローリスクハイリターンの何者でもありません。

絵本くらい、ドンと来いです!

100冊くらい買っても10万円前後。都会の塾に比べれば安いもんでしょう。

 

 - ニュース・情報, 書籍, 育児

にほんブログ村 子育てブログ 2017年早生まれの子へ
励みになります。
少しでもお役に立てたのなら応援のポチをお願い致します