育休パパの育児日記

子育てに適した国と幸福度の高い国

      2017/06/28

子育てに適した国(Best country for raising kids)Top5

アメリカのBAVコンサルティングとペンシルベニア大学ウォートン・スクールが、合計60カ国の1万6000人を対象にアンケートを実施し、「子供を育てるのに良い国ランキングTOP5」を2017年3月7日に発表しました。

結果は下記の通り、北欧が上位を独占しています。社会福祉が充実しているという北欧なだけに、このあたりのフォローアップは素晴らしいようです(税制的な側面は分かりませんが、きっと税率も充実しているような気もします)

  • 1位 スウェーデン
  • 2位 デンマーク
  • 3位 ノルウェー
  • 4位 フィンランド
  • 5位 カナダ

ちなみに、日本は20位です。投資、教育、起業、など様々な項目を評価した上での総合評価は5位ですので、いかに日本の子育てが国力の足を引っ張っているか分かります

また、引用元にも色々書いてありますが、1位のスウェーデンでは父・母共に育休を取らざるを得ないような制度になっています。教育も小学校から大学までは無償です。教育環境や経済的にもだいぶ楽なのでしょう。

 

引用1:ZUU Online 「子育てに良い国」ランキング 世界屈指のイクメン国家はどこだ?
引用2:U.S.News Best Countries to Raise Kids

 

また、一方でこっちにも面白いランキング記事がありましたので、紹介します。

 

幸福度の高い国(Best country for raising kids)Top5

先日のGIGAZINEのニュースでも報告されていましたが、3月20日は「国際幸福デー」ということで、国連が「世界幸福度報告(World Happiness Report)」の2017年度版を発表しています。これを眺めていると面白いことに気づきました。

 

子育てに適した国は幸福度も高いのか・・・・

 

※幸福度の調査方法は各国3000人の国民に「自分の幸福度は0~10段階に分けるとすれば何段階か」というアンケートを集計したもの。従って、貧乏でも幸せであれば幸福度は高くなりますし、裕福でも不幸な場合もあります。

 

仮説:子育てに適した国と幸福度が高い国のトップランカーは似ている

上で示したアメリカのコンサルと大学が報告している「子育てに適した国」と国連が発表した「幸福度が高い国」には強い相関がありそうです。幸福度が高い国を10位まで列挙しましたが、子育てに適した国の1~5位が全てランクインしています。

  • 1位 ノルウェー
  • 2位 デンマーク
  • 3位 アイスランド
  • 4位 スイス
  • 5位 フィンランド
  • 6位 オランダ
  • 7位 カナダ
  • 8位 ニュージーランド
  • 9位 オーストラリア
  • 10 位 スウェーデン

 

ちなみに、日本の幸福度は51位です。アンケートをとった国数が150ヶ国を超えることを考えると、なんともお粗末です。先進国の中では極めて後方集団と思われます。経済的貧困は不幸ですが、逆は真でないことがよくわかりますね

相関関係と因果関係は慎重に見極めなければなければなりませんが、「子育てしやすい国にすることが、幸福度が高い国になる」可能性は十分にあります。男性が育休を取得するのが当たり前の国になれば、きっと今よりは子育て・幸福度共にランクアップするハズです。

 

 - ニュース・情報, 社会のこと

にほんブログ村 子育てブログ 2017年早生まれの子へ
励みになります。
少しでもお役に立てたのなら応援のポチをお願い致します