育休パパの育児日記

育児・介護休業法改正 育休期間2年に延長

      2017/06/28

3月31日に育児・介護休業法の改正法が参院本会議で自民・公明・民進党などの賛成多数で可決されました。色々と変わりますが、このブログで最も関係が深いのは育児休暇が2年に延長されることです。これは大きな変化です。

 

育休期間2年へ延長

おさらいも兼ねて正確に書くと、原則子供が1歳になるまでの育休付与は変わりません。但し、保育園に入れないなどの明確な理由がある場合に限り、育休の延長が可能です。これまでは延長期間が子供が1歳と6ヶ月になるまででしたが、これが2歳まで延長されます

 




 

世の中には反対意見も

しかしながら、実家で取っている読売新聞では非常に小さな記事でこじんまりと掲載されているだけでした。また、インターネットの記事でもこの判断を懐疑的にみる意見もあるようです。

 

  • 「時代の変化が早く、スキルが追いつかなくなる」
  • 「女性活躍促進に逆行する」
  • 「まずは保育園に入れる環境整備を」

毎日新聞

 

何を言っているんでしょうか。

 

今回の改正は間違いなく英断です。保育園の拡充には多大なリソースと時間が掛かります。当座の問題解決のスピード性を考えれば、ルール改正(法改正)は正しい判断です。また、「スキルが追いつかなくなる」というのはこの改正案が否決されても変わりません。むしろ、可決されることで待機児童が減るので復職できる可能性が高まることを示します。「女性活躍促進に逆行する」というのは、本件とは別の問題です。夫が変わって育休を取得してもいいのですから。

 

そういえば、この法律改正には国会で民進党も自民党を非難していました。育休中なので、たまたま国会を見ていましたが意味のある野党をやっていませんね。「法改正より、保育所の拡充に力を入れるべきだ」と言っていましたが、そんなことは百も承知です。ビジネスの世界も拙速は巧遅に勝るです

 

情報が正しければ、今年の10月から育休が2年へ延長されるようです。これで、待機児童がどれだけ減るか見ものです。

 

 - お金と制度, ニュース・情報

にほんブログ村 子育てブログ 2017年早生まれの子へ
励みになります。
少しでもお役に立てたのなら応援のポチをお願い致します