育休パパの育児日記

育休に見る在宅勤務の可能性

      2017/06/28

育休を取得して2ヶ月が経過

1月31日の育休開始から約2ヶ月が経過し、仕事からの開放感も徐々に薄れ、曜日に左右されない感覚に慣れてきました。1日の多くはゆうきの育児に追われますが、空いている時間も確実にあります。その合間を縫って、事務処理&趣味(読書、モンハン、ホームページ作り、ジョギングなど)と家事をやっています。仕事をしていないためか、少し物足りなさを感じつつもそれなりに充実していて、1日の進みがすごく早いです。

それと同時にこの育休生活で色々と感じるところも出てきました。

 

 

作業時間が細切れに

日中の空いた時間に金銭の管理や事務処理、読書やお勉強(笑)をしていますが、進み方が遅いことにイライラします。子供に非はないのですが、おむつやミルクでグズったり、妻からのヘルプ依頼だったりと作業時間が非常に細切れになります。その度に、イヤホンを外して、椅子を引いて席を立って・・・とやっていると全く進みません。モンハンで1狩りもできないくらいです。
切り替えが上手い人であればいいのかもしれませんが、未熟な私は自分のペースで行動できない状況が非常に嫌いで、自分にイライラしてきます。
そんなこんなでPM10時になって床に就き、今日は◯◯しかできなかったなぁとなります。

 

 

くやしいです! (\ /)

 
 



 

育児と同時進行での仕事

もし、これが在宅勤務や独立しての自宅開業だった場合、まったく仕事が立ち行かなくなることが想定されます。これは個人の能力と共に家庭の環境にも依るかもしれませんが、現時点において我が家は作業に全く向きません。段々おっくうになってきた会社PCのメールチェック程度であれば機械的にやるだけですが、本を読んで学んだり、何かを生み出す作業環境とは言い難い状況です。。
そういう意味では、育児休暇をよい機会として、家族がいる中で自分の生産活動がどれだけ進むかチェックするのは非常によいと思います。少なくとも、我が家はまったくそれに向いていませんが。

働き方改革として、在宅勤務などが流行りそうですが本当に自宅で会社と同じだけの成果を出せるかは疑問になってきました。結局、自宅でも会社でもないどこかで作業することになりそうです。

 

 

フリータイムの設定

先日、妻が「お互いにフリータイム設けるのはどう?」と提案してきました。

話か変わりますが、妻はゲームが大変好きです。現在進めているゲームは同時進行で5つくらいあります。しかし、実家は周囲にゲームセンターもない田舎です。なので、運動不足解消も兼ねて自転車で片道25分かけてゲームセンターに行って300円プレイして戻るというのを繰り返しています。その間は私がゆうきの様子を見ています。
私はどうということはありませんが、妻は2時間弱ほど私にゆうきを任せっきりというのに良心の呵責があり、2人で育児をするにしてもお互いに個人で動けるフリーな時間を儲けようというのです。

ということで、今週から1日の中でお互いに2時間のフリータイムを設け、それぞれが好きなことを邪魔されずにできるしくみをつくりました。このシステムがうまくいけば、継続してみようと思います。

 

自宅で作業

 

 

 - 仕事のこと, 家族ネタ

にほんブログ村 子育てブログ 2017年早生まれの子へ
励みになります。
少しでもお役に立てたのなら応援のポチをお願い致します