育休パパの育児日記

自宅の通信費&光熱費を削り倒す

   

この度、自宅の光回線の契約を見直しました。

というのも、うちのマンションにもauひかりのマンションタイプの回線が開通したからです。

これで月々のネットのランニングコストが少しだけ下がります。

いい機会なので、うちの契約情報を整理してまとめておきます。

 

我が家の契約状況

 

我が家の契約状況を図にしてみました。

utility_cost

では、解説していきましょう。

読者の皆さんの光熱費&通信費削減のネタになれば幸いです。

 

通信費:携帯はMVNOとシェアSIMにすべき

まず通信費ですが、私の携帯はビッグローブのMVNOサービスを使っています。

これが6ギガで月々約2000円です(通話は従量制)

世帯を持っている人はシェアSIMを使うといいと思います。

6ギガを家族で分けることになりますが、1人当たり月々700円で家族会員を増やすことができます。

我が家は妻と私の2人で、月々の携帯の固定費は3000円となり、

2人の通話分を合わせても5000円程度に抑えることができます。

ドコモやソフトバンクといったキャリアにはできない価格ですね。

 

携帯本体はもちろん格安スマホです。

5万も6万も出してキャリアの携帯を買う必要はありません。

今度出るアイフォンは10万円を超えるそうですから、完全にインフレしてます。

ファーウェイのP10 Liteやnova liteが2万円台で購入できてオススメです(私はP10 lite)

 

通信費:光回線は携帯と同じ会社にすべき

携帯契約の6ギガだけでは日々のネットサーフィンに耐えられませんので、

もちろん自宅には光回線を引く必要があります。

このとき、携帯と光回線は同じプロバイダにするとセット割を受けることができます

ビッグローブの場合は月々400円のセット割です。

NTTの光回線は月4080円でしたので、全ての通信費は毎月9000円台で収まります。

もし、違う会社を選択している場合は同じ会社にしましょう。

 

 

通信費:NTT回線⇔au回線を切り替える

今回、NTT回線からau回線に切り替えた理由は月々のコストが

4080→3800円へと280円安くなるからですが、

それに加え、乗り換えキャッシュバックがあるからです。

auひかりは数多くの代理店を抱えており、ここを通すと色々と特典があります。

今回は色々調べてNNコミュニケーションズを選択しました。

これで約40000円のキャッシュバックです。

 

まるで一昔前のキャリア間の携帯乗り換え戦争のようですね。

しかし、回線を変えるだけなので、メアドも電話番号も変わりませんし、

携帯電話のときと比較してデメリットはゼロです。

回線の開通工事にきたお兄さんによると、

キャッシュバックのためだけにNTTとauひかりを2年毎に変え続ける人も多いそうです。

 

↓にリンク貼っておきます。

 



 
 

電力自由化により、ガスと電力は東京ガスでまとめる

2016年4月から電力自由化がスタートしましたので、昨年4月に電気は東京ガスに切り替えました。

これで電気とガス契約をまとめ、月々270円のセット割です。

 

電力自由化で東京ガスを選んだのは、我が家の暖房をガスストーブにしたことも理由です。

石油ストーブだとマンションの場合は灯油の買い出しが大変です。

電気ストーブは最も火事が多い暖房器具で、子供が生まれることを考えると安心できません。

エアコンは乾燥しますし、不快な空気を出すので却下しました。

その点、都市ガスはパイプで送られてきますし、化石燃料は燃焼して水分も出すので乾燥しません。

部屋が暖まるのも非常に早いのでオススメです。

 

東京ガスとビッグローブのトリプル割を活用する

東京ガスはビッグローブと提携しており、

ガス&電気&ネットをつなげることで、更に200円セット割できます。

なかなか神がかっていますね(笑

 

まぁ、全部合わせても月々1000円くらいの割引なので、1年で約1万円です。

大した削減にはなりません。みみっちいですね(笑

 

auひかりへの切り替えは先月終わっていますので、

今月にキャッシュバックが入るはずです。

子供が生まれて物入りですから、これくらいの金策はやってもいいですよね。

 

どうでしょう、参考になりましたか?

 

 

 - お金と制度, ニュース・情報

にほんブログ村 子育てブログ 2017年早生まれの子へ
励みになります。
少しでもお役に立てたのなら応援のポチをお願い致します